有限会社クラびクラはクイックマッサージを軸に出張でリラクゼーションをお届けする事業を行う会社です。


〜本筋〜

以前、少しだけ一緒に仕事しそうになっていた人の
HPをたままた見た。
関西でも有名になりつつあったその人でしたが、
どうも、サイトを見る限りでは厳しいようでした。
(真に勝手な意見だが・・・)
その人のここ数年は目覚しい発展だった。
有限会社を株式化し、キャピタルもどんどん入って
増資に次ぐ増資。あっという間に云千万の資本金になり
会社も大阪でもステイタスのある高い場所に移転。
きっと、そこまでは良かったと思う。
僕が気になったのは、本来その人がやっていた
ビジネスモデルと全く違う形で事業が進んでいたことだ。
その人には能力もカリスマもあった。
“もし”という言葉を使ってはいけないが
本来の事業をつづけていたらスピードはなかったにしても
凄く良い結果にはなっていたと思う。

僕は、自分の商売を何も成功させないまま
違うものにするのはあまり賛成ではない。

僕は、会社をやり始めた時の“考え”というのは
純粋で、完成度が高いものと思う。
会社をつづけていくと、昔見えていたことが
見えなくなってしまうこともある。
ふと、昔の企画書なんぞを見ると今よりも
ずっと崇高な考えだったりもする。
また、得意不得意分野というものがあるだろうし、
流行や、儲け話にはのってはいけない。

隣りの芝は青いのである

050705.jpg

常に意識すべきことだと思った。